BLOG

英国SPと映画007ジェームズボンドのファッション

Ciao Bello! チャオベッロ!

旧ライブドアブログからのお引越し後で、ブログを整理しておりました。ハリー王子のハレの日ジャケットスタイルブログ投稿に画像にハリー王子とウイリアム王子の間に映り込んでいたSPのファッションが気になりました。

英国SPは007ジェームズボンドを参考に!?

↑上の画像、、ウイリアム王子とハリー王子の間に映り込んでいる男性、SPでしょうか?
007ジェームズボンドのファッションそのままです!

現役のダニエル・クレイグではなく、ショーンコネリーが演じた初代ジェームズボンド

シャツはサックスブルーのスプレッド襟

ジャケットの襟はノッチドラペル

ジャケット丈は今の時代では長めのクラシック

ポシェの刺し方、まさにALLA JAMES BONDジェームズボンド流

ストイックな男の静かなる戦闘モードを感じます。

ロイヤルファミリー公務SPは外見も大切!?

この画像を見て、私が思ったのは、

ロイヤルファミリーの公務に付くSPはロイヤルファミリーのイメージに相応しい”立ち居振る舞い服の着こなし”も含めた外見も良くこと”も条件なのでは?

今回のようにロイヤルファミリーのSPは世界のメディアの写真に映り込む可能性が高いです。

危機管理能力、身体能力は勿論、生まれ育ちと背景チェックの厳しいフィルターを通過して、そして洗練された装い

全て揃った究極の黒子たちですね。

究極のミッションに生きる男のスタイル

ジェームズボンドのスタイルを一言でいうと”女王陛下に命をささげる覚悟”のミッションに生きるストイックな究極の黒子のスタイルと解釈しています。

黒子なのでカラフルなポシェはさしません、、すこーしだけ白いポシェを覗かせる。。

ブラックタイ、タキシードの場面でもウイングシャツは決して着ません、華美にしないの現れ。

パーティーも仕事で潜入しているのですから!!

あなたは、ダニエルクレイグ派?ショーンコネリー派?

映画007、主役のジェームズボンドとお揃いデザインシャツであなたの毎日のミッションを遂行しませんか!?

あなたのミッション遂行・ビジネスの場面にピッタリのオーダーシャツ、AVANCLASSICOにご相談ください。

AVANCLASSICOで注目しているのは映画007初代ジェームズボンドを演じたショーンコネリーとこれまでで最も人気の高いダニエルクレイグのBOND STYLE SHIRTSです。

私がもっぱら愛用しているのは、ショーンコネリー型です!

Io sono Matsukawa, Keiko Matsukawa
ドルチェヴィータの達人・オーナースティリスタ松川でした。

Ci Sentiamo Tanto! Ciao Ciao!

関連記事一覧