BLOG

筋トレでスーツの似合う体型を創る、スーツが生まれた国のオトコをイメージして

CIAO BELLO! チャオベッロ

秋めいて、南青山ショールームからの富士山と夕焼けが楽しみ。イタリア製オーダーメイドスーツ・ビスポークシャツ専門店AVANCLASSICOの代表・松川桂子です


人生は舞台、主役しか演じないオトコを演出するアヴァンクラシコ。

昨日は、イギリス人舞台俳優さんにお会いしました。

カリスマ・スタイリストの友人が新たに担当する「イギリス人男性の舞台俳優さん」担当することに。
友人いわく、ナポリ仕立てのクラシコな立体的なモデルが似合う、と
アヴァンクラシコの採寸モデルガーメントをフィッティング用に衣装づくりに向けた、採寸に同行しました。

脚が長く見える立ち方

 

まず、俳優さんは立ち姿が流石キレイでした。
脚が長く見える工夫もされていました。

ポイント→脚を腰幅ほど開きます、つま先は正面
脚を開くことで三角形の空間ができます、その隙間が脚をすら~と錯覚で魅せてくれる効果を発揮します!

現代紳士スーツの聖地のオトコ達、球体のごとく、カラダの厚み!

 

イタリア人もそうですが、日本人の感覚で正面から見たサイズ感+2~が実際にフィットするサイズです。
同じ胸囲でも、正面からみると、日本人はイギリス人やイタリア人よりも広く見えます。
肋骨の厚みが彼らよりも平たいからです。

スーツが生まれた国、スーツがファッションに昇華した国、のオトコ達、肋骨に厚みがあるのです。
極端に言うと、胸囲が球体に近い!

 

アヴァンクラシコのナポリ仕立て、採寸用ガーメントDROP 7のサイズ50を着用。

二の腕、立体的な上半身

胸囲が球体のように見える秘密、は二の腕の丸さも貢献しています。

彼は「かなりのなで肩」、のため、肩パット部分が浮き上がっていますね。

西洋人体型に寄せるには、ウエストのすぐ下がヒップが来るイメージ

ヒップの筋肉の付く位置がすっごく高い(私たち胴とヒップが長い日本人と比べると)。
脚の上にヒップがあるのではない!ウエストの下です!

松川も筋トレでは、スクワットなどヒップがターゲットのメニューをする時には、頭の中でウエストのすぐ下に効いている~~!!!とイメージして行っております。

厚い胸板に映えるオーダーシャツがある、アヴァンクラシコ伝説の人気シャツ「007ボンドシャツ・スカイフォール型」

自分にとって最高級のオーダーメイドシャツを先ずは7枚ビスポークで仕立ててみる。仕事、オフタイム、出張、旅行、ホリデー、、365日いつでも品格はあなたと共に。
その中で、筋トレがルーティン、アスリート体型、元スポーツ選手などのマッスル体型の方があつらえるべきシャツをご紹介。

007 BOND SHIRTS SKYFALL ボンドシャツ・スカイフォール型イギリス製トルソー着用正面

アヴァンクラシコ伝説のビスポークオーダーシャツ、007 BOND SHIRTS SKYFALL 007ボンドシャツ・スカイフォール型。鍛えた大胸筋・胸板にこそタブカラー。剣先が胸に張り付くように優美なカールを演出する。

伝説のオーダーシャツ→

CIAO CIAO

人生は舞台。
 アヴァンクラシコは情熱のオーダーメイド劇場
「主役しか演じないオトコ」を演出。
エレガンツアジェントルマンエグゼクティブ
3つのスタイルを軸に
自分だけのイタリア製スーツビスポークシャツをご一緒に創ります。
接客はナポリ式でやや長め。

情熱のアヴァンクラシコへお問合せ→

関連記事一覧