BLOG

スマートな男のストライプシャツ、ブリティッシュ魂は永遠に。

CIAO BELLO! 
ごきげんよう。

南青山の高度50mイタリア製ナポリ仕立てオーダースーツ&ビスポークシャツ専門店AVANCLASSICOの代表・松川桂子です

ハリー王子の英国王室離脱の声明、ダークホースのごとく瞬間風速で話題をさらう英国王室。
ブレクジットが霞んでおります。

ということで、本当は?不屈の男の国、英国。ブリティッシュスタイル、ロンドン紳士のシャツスタイルをご紹介します。

ブリティッシュ、ロンドン紳士とくれば、お約束の衿型

スプレッドとスタンダードの中間の塩梅で衿の開き。
そして、剣先(衿の長さ)が長め。
モダンな貫禄、の演出に最適なのです。
衿の大きさは存在感の演出と比例しています!

ドクター医師にも人気、ストライプは知的なキレる男の演出

そして、ストライプの演出効果について。

伝統的で非常に男性的な演出の道具にストライプシャツはとても効果的。
縦のラインはシャープさが際立ち、頭脳もキレる知性的なイメージを与えます。

女性が手を出しづらい柄、の領域です。

アヴァンクラシコのケースでは、
ストライプシャツ、特にブルー系では経営者、オーナー社長、ドクターお医者様に好まれております。

男らしく、存在感を高める「濃い色」のストライプ

英国紳士の香りを強く漂わせ、男性らしさを演出するストライプの選び、2つポイントがあります。

色ストライプが白ストライプより太い

カラーの面積が白より広くなり、インパクトが強まります!

濃いめのカラー

白とのコントラストが強く、インパクトが強まる。

存在感と華やかさが格段に高まります。

イタリア人男性には馴染みがない・・
クレリック

濃い色・コントラストが強いストライプシャツ。ディテール候補No.1はクレリック。
衿とカフス部分を真っ白なシャツ生地でキリリと引き締める。
アヴァンクラシコでは、クレリックの拘りとして、衿にディテールを込めます。

神が宿るクレリックのディテールご紹介

アヴァンクラシコのセオリーは

衿の台・ストライプ+衿・白生地

台衿部分も白生地を施すデザインも可能なのですが、アヴァンクラシコでは衿部分だけを白にします。
そのほうが、衿の存在が「ぱきっと」際立ち、顔周りもコンパクトに印象強くまとまります。

デザインと仕様はザ・ブリティッシュ。しかし、シャツ生地はイタリアの人気シャツ生地ブランド、カンクリーニ調達。メンズファッション・モノづくりの聖地イタリアは不動の地位です。

 

英国、ロンドン紳士のお約束デザインやディテール。
なぜか、いつの時代も
確実にキチンと育ちも良く見えてしまうマジック。
マーケティング王国、恐るべしです。
ファッションであやからせて頂きましょう。

CIAO CIAO

人生は舞台。
 アヴァンクラシコは情熱のオーダーメイド劇場
「主役しか演じないオトコ」を演出。
自分だけのイタリア製スーツビスポークシャツをご一緒に創ります。
接客はナポリ式でやや長め。

情熱のアヴァンクラシコへお問合せ→

関連記事一覧