BLOG

クラシコな大人の男らしさ、自分だけの「太め」ジャケットのラペル幅で追求 

CIAO BELLO! 
ごきげんよう。

イタリア製ナポリ仕立てオーダースーツ&ビスポークシャツ専門店AVANCLASSICOの代表・松川桂子です

アヴァンクラシコのオーダーメイドの醍醐味。

ご自身のフィジカルを引き立てるフィット感とサイズ感
そして、
作品ごとに、生地のキャラクターや狙ったテーマ・着る場面

に合わせてデザインとディテールを構築します。

筋トレアスリート体型の社長の胸板を引き立てる!
大柄チェックジャケットのオーダーテク

 

かなり大柄のチェック生地でダブルのジャケット。
この、生地の迫力に負けないN様の胸板(胸筋&背筋、共に鍛えられて立体的)。

N様は会社をいくつも経営されていらっしゃるオーナー社長。服装はご自分がルールでOK
洒落っ気とオトコの貫禄を出しても大丈夫な業界

ということで、ラペルの幅をぐっと太めで演出することにしました。

男らしさを表現といえど、ラペルの幅が太すぎずると「コテコテのナポリ」になるので、塩梅は大切です。

社長の重低音のような存在感に

男らしさと対象的、イメージづくりなら

男らしさは太いラペルで演出。
では、反対に「青年」「エイジレス」「シャープ」「爽やか」なイメージづくりを訴求するにはラペルは「細め」が正解です。

建築家やデザイナーなどクリエイターの方、大学などアカデミックお仕事にお勧めしています。

細めピークドラペルは、軽快さ先進性も表現できます。

ダブルジャケットの一択

ボルドなラペルにするのなら、デザインはダブルでピークドラペル。

ノッチドラペルで太っくすると、カントリージャケットに寄ります。シティでお召になると野暮ったさやが

グレートブリテンの北、シェットランド島の伝統柄ツイード生地。その温かさ、優しいテクスチャーが、ボルドなラペルの重低音な存在感を親しみやすく中和しています。

 

人は美しいものを見たい。
見たいものを見る。
神が宿るディテール
視覚効果が真実を語ってくれます。


CIAO 

人生は舞台。
 アヴァンクラシコは情熱のオーダーメイド劇場
「主役しか演じないオトコ」を演出。
自分だけのイタリア製スーツビスポークシャツをご一緒に創ります。
接客はナポリ式でやや長め。

情熱のアヴァンクラシコへお問合せ→

関連記事一覧