BLOG

ジャケパン・スーツ・タキシード3Way、ラグジュアリーな白シャツオーダー術

CIAO BELLO! 
ごきげんよう。

南青山の高度50mイタリア製ナポリ仕立てオーダースーツ&ビスポークシャツ専門店AVANCLASSICOの代表・松川桂子です


アヴァンクラシコでは、お客様が今っぽく見えるスタイリングも心がけてします。

クラシクを土台に、スポーティーで上品、今っぽいラグジュアリー感を醸し出す。


そんな、今っぽくラグジュアリーを演出できて、マルチに活躍する白シャツご紹介します。

白オーダーシャツを着て「タダのオトコ」に見えてはいけない。
さり気なく「ダタモノでないオトコ」の存在感オーラを放つ相棒づくり。

 

今日の主役はこちら、ちょっと色気のある白シャツ。
タダモノに見えなくて、3ウエイ活躍する「タダモノでない男」のための白シャツのオーダーメイド。

肝は白シャツ生地選びから。

人によっては、派手?と抵抗あるかもしれません。

しかし、極細糸で紡がれた、上質コットンが放つ天然の光沢
上品な小紋の透かし織
素材レベルで品格が高いので、けっして下品にはならないのです。

3ウェイ大活躍を解説していきましょう。

ジャケパン(ジャケット&パンツ)のコーディネイト
Vゾーンをカスタマイズ

ノーネクタイでもキマる、その極意はボタンを開けた時のVゾーン、逆三角系スペースです。
ボタンを2つ開けても上品なVゾーンをカスタム。お一人お一人に最適なボタンの位置をキメます。

スーツスタイルなら上品さを狙う
グレー系スーツとコーディネイト

場面やお会いする人々に合ったネクタを締めれば、ビジネス・オフィシャル・レセプションまで大活躍です。
ノーネクタイでも上品なヌケ感が演出できます。

スーツは、ネイビーやブルー系ではなく、柔らかな印象を与えるグレー系がオススメします。
光沢のある透かし織り模様を確実に上品に際立たせてくれます。
絶対NGは黒いスーツです。

007ジェームズ・ボンド的に、タキシードスーツ

タキシードといえば、ウイングカラーで蝶ネクタイと思い込んでいらっしゃいませんか?
いやいや、映画007の主役ジェームズ・ボンドや英国王室の男性たちの装いを参考に。


衿先が跳ね上がった華やかなウイングカラーではなく、カラーダウン。
衿が下がった衿、スプレッド開いた衿に蝶ネクタイ。

*007ジェームズ・ボンドはスパイなので、目立つ華美や派手で目立つのはご法度。
ウイングカラーはアメリカ的ということで、タキシードスタイルではスプレッド衿の白シャツがルールなのです。
007ジェームズ・ボンドシャツについて、熱く深い私の語り(5000文字あります!)、特集記事にご興味ある方はこちら!

自分だけの、気分が上がる
お洒落なタキシードジャケットづくり。
あなたの、アイデアは?

CIAO CIAO

人生は舞台。
 アヴァンクラシコは情熱のオーダーメイド劇場
「主役しか演じないオトコ」を演出。
自分だけのイタリア製スーツビスポークシャツをご一緒に創ります。
接客はナポリ式でやや長め。

情熱のアヴァンクラシコへお問合せ→

関連記事一覧