BLOG

オトコのピンクシャツ祭り2020春の陣、キティちゃん級の愛され人気者に!?

CIAO BELLO! 
ごきげんよう。

日本人男性にもっとピンクシャツを着てほしい!イタリア製ナポリ仕立てオーダースーツ&ビスポークシャツ専門店AVANCLASSICOの松川桂子です

THINK PINK
オトコのピンクシャツ祭り
2020年春の陣

 

私が男性のピンクシャツ姿が大好きな理由、優しく知性的で育ちの良さを感じさせてくれるから。
何よりも、純粋に、乙女心を刺すピンクが大好き!だからです。
そこで
年に2回、春と秋にピンクのシャツをオーダーされるお客様をご贔屓しちゃいます


オーダーメイド1枚につき
最大3000円ご優待

フェスタ期間はたっぷり!
2020年2月9日〜3月22日

THINK PINK
ピンクと心理学と感情

色カラーが人の心に訴えるインパクトは図りしれない
企業のロゴマーク・広告宣伝・政治家の選挙、とカラーを使った作戦マーケティングに活用されています。

ならば、自己イメージの演出に「ピンクシャツ」を効果的に活用するならば。

カラーサイコロジー色彩心理学でピンクが伝えるメッセージを確認してみましょう。

ピンクは少女マンガが大好きな男子キャラクター

  • 思いやりがある
  • 愛情ゆたか
  • 面倒見が良い
  • 優しい
  • ロマンチック
  • 誠実で温かな
  • 知的で洗練された
  • 癒やし
  • 特別な存在(さり気なく伝わります)

↑私は少女マンガで描かれるヒロインの相手役の男子を思い浮かべました。
現実というより、少女マンガでは女子の理想が凝縮されたケースが多いのです。
3次元でいうと、宝塚の男役ですね!

上品なピンクを身にまとい、モテナイわけがございません。

THINK PINK

ピンクの史上最強・サクセスストーリー

 

ハローキティの低迷から世界ブレイクへ

今や、世界のハローキティちゃん、日本の最強グローバルコンテンツではないでしょうか。

ハローキティは1974年デビュー。しかし当時は可愛いキャラクターではなくアメリカを意識した「赤のサロペット」スポーティーな衣装でした。
当時のサンリオの可愛いキャラクターはキキララ(双子のツインスター天使)の天下でした。

第一次ブレイクから低迷時代を経て、デザインのアップデートと試行錯誤を重ねます。
1996年淡く薄いピンク色にデザイン一新した途端に世界中の子供や少女のみならず、大人女性の乙女心をキュンとさせました。第2時ブレイクから不動の地位を獲得したのです。

淡いピンク=ハローキティ=ユニバーサルな可愛いさ

日本人女性にとって、無意識に刷り込まれているようにも思えます。
ピンクシャツの効果。
周囲の職場が戦場になってしまっている女性の旨の奥に眠っている乙女心を掴み、ご機嫌が格段に良くなること間違いございません。

心理学を超える、リアルなピンクの成功ものがたり
大ブレイクの前には苦労した
ハローキティちゃん
オトコのピンクシャツは世界で愛されるの最強道具のひとつ

ともかく、
エレガンテなオトコには
ドルチェッシマな人生が向こうからやってきますよ!

3/22まで オトコのピンクシャツ祭りの詳細→

 アヴァンクラシコは情熱のオーダーメイド劇場
「主役しか演じないオトコ」を演出します。
自分だけのイタリア製スーツビスポークシャツ創り。
接客はナポリ式でやや長め。

オトコのピンクシャツ祭りに参加する→

関連記事一覧