BLOG

禁断の白オーダーシャツ「140」、極上の肌触りとクラシコの掟

CIAO BELLO! 
ごきげんよう。

イタリア製ナポリ仕立てオーダースーツ&ビスポークシャツ専門店AVANCLASSICOの松川桂子です

幸せな人生は後戻りできない山のよう??

何事においても、上質・クオリティの高いモノを一度体験してしまうと、もう、スタンダードを下げることが難しくなってしまいます。

皆さまもこれまで、そんな「後戻りできない」上質な経験、モノ・グルメ・お酒など様々にご体験されていることでしょう。

私の衝撃は、20代で初めて「エンポリオアルマーニ」のスーツを着たときに、立体的でスタイルがよく見えたこと!(当時のエンポリオ・アルマーニは現在よりもクオリティ高かったように思います。)

それまで愛用していた日本のDCブランドのスーツが平面的なペタンコに見えてしまいました。生地は気に入っていたのですぐに破棄はしませんでした。しかし、一度、立体的なイタリアジャケットを纏った後では、袖を通す頻度はかなり落ちました。。

たかが白シャツ、されど白シャツ。
侮るなかれ、

昨シーズンに新領域へ踏み込んでしまいました。

さて、2013年からお世話になっているファミリー企業の経営者であるH社長。
お仕事用の白シャツ&スーツで、週末ジャケット&シャツとご贔屓頂いています。

昨シーズンに新しい領域のご提案をさせていただきました。
日本人に似合う白シャツ生地の宝庫、トーマスメイソン社のなかでまだご提案してなかった「領域」

トーマスメイソンの極細140番手糸の生地

高いけれど、、シルクのような光沢と滑らかさ」とご提案をしました。

お試しに1着お仕立て頂きました。

たかが白シャツに宿る、感覚を虜にする磁力

H社長より年明けに春に向けてのご新調を承りました。

「結局、た〜くさんある白シャツのなかで、肌触りが良いから、こればっかり着ている」

とのこと。

シルクのような140番手糸のマグネティック引力・磁力な魅力、恐るべしでした。

「高いけれど、、気に入っているから同じ白い生地で」
(トーマスメイソン140番手ロイヤルオックスフォード織り)

再注文を頂戴いたしました。
今回は2着!ありがとうございました。

仕上がりました♫

トーマスメイソン140番手のロイヤルオックスフォード、その生地とは!?
ここでお伝えしたいのは「禁断の肌触り」。
美しいドレープと自然光を反射リフレクションで感じていただければと存じます。

高いけれど、長い目でみると結果はとってもお得!
相棒にすべきクラシコの掟

高いけれど、ここぞの時に食べたい、飲みたい、着たい、履きたい、持ちたい、訪れたい・・。

  • クオリティに納得
  • 信頼できる
  • 自分だけの逸品やサービス
  • 長く付き合える

あなたの人生の相棒たちですね。
多いと豊かではありませんか?

トーマスメイソン生地は個人的に私も大ファンです。
高いけれど、色がキレイで丈夫で家庭での洗濯、ヘビロテでもヘタれません。

価格が高いゾーンに入るとしても、長い付き合いが出来て結果はとってもお得

それがエレガンツア、クラシコの掟です。
オーナーを裏切らない相棒

少しずつ増やして行きませんか?

ロンドン紳士派の方には禁断のブルーシャツ

ロンドン紳士のごとく、白より「理知的なイメージを喚起」するブルーシャツ派という方。
禁断のサックスブルーシャツいかがでしょうか。
もう、後戻りできない極上の肌触りのトーマスメイソン140ロイヤルオックスフォード織りのサックスブルー生地もご用意ございます!

ともかく、
エレガンテなオトコには
ドルチな人生が向こうからやってきますよ!

イタリア製ナポリ仕立てオーダースーツ&オーダーシャツ専門店AVANCLASSICO
松川桂子でした☆

キャンペーンや特典のご案内はこちらのページ

THINK PINK
オトコのピンクシャツ祭り
2020年春の陣

日本人男性にもっとピンクシャツを着てほしい!
↓↓↓
最大3000円ご優待

3/22まで オトコのピンクシャツ祭りとは→

 アヴァンクラシコのオーダーメイド劇場
「主役しか演じないオトコ」を演出します。
自分だけのイタリア製スーツビスポークシャツ創り。
接客はナポリ式でやや長め。

極上の肌触り白シャツを創ってみる→

関連記事一覧