BLOG

エグゼクティブが肌に着けるべき、ピンクシャツ

CIAO BELLO! 
ごきげんよう。

イタリア製ナポリ仕立てオーダースーツ&ビスポークシャツ専門店AVANCLASSICOの松川桂子です

アヴァンクラシコではFESTA フェスタ開催中。
オトコのピンクシャツ祭り2020春の陣

銀座でお勤めのT様のお仕上がり、ピンクオーダーシャツからエグゼクティブにオススメのオーダーテクをご紹介致します。


ピンクのシャツ、派手と上品の境目とは

 

艶っと光沢があるのに上品

派手な光沢はギラギラ。
こちらオーナーT様のピンクシャツの光沢はさり気なくキラリ。

光沢の秘密は生地の糸にあります。
→120番手の極細の糸
滑らかドレープが放つ光沢を

自然で上品な光沢の秘密
→シルクのようなサテン織り
自然光のリフレクションが華やか!

エグゼクティブが着るべきは
淡い上品ピンクが正解

ピンクシャツは最も要注意、シャツ生地選びで上品からチープな印象の落差が如実に出てしまうからです。

まず、最も安全なポイントはサルト・お店選び
高品質のシャツ生地を扱っているお店で仕立てる。
100番手、120番手の糸の生地が標準装備、売れ筋が目安。

エグゼクティブのピンクシャツ生地選び


淡く薄いピンクを選ぶ
ピンクは赤と白のミックス、濃いピンクは赤へ近づき、淡いピンクは白に近い。
淡く薄いピンク色はビジネスシャツの王道、白シャツに近づけるということですね。

自然光でピンク色を目でチェックしてみてください。

ディテールはオトコらしく!攻める

ピンクの色が持つメッセージやイメージは男性性と正反対
愛や優しさといった、ソフトな要素。

そこで、ディテールはマスキュラー・男らしく引き締めます。

  • 剣先の長い衿型を選ぶ(お仕上がりはロンドン紳士流にセミスプレッド)
  • 手元にボルドな存在感、カフスはフレンチカフスや007ジェームズ・ボンド好みのカクテルカフス
  • ステッチはボルドなオトコの8mm 
  • ボタンはシンプルに真っ白な天然の貝釦、ポリ釦は論外(お仕上がりは最高級シャツ釦、天然の白蝶貝釦です)

ピンクシャツ1枚づくりも
オトコらしさ込められます!

ともかく、
エレガンテなオトコには
ドルチな人生が向こうからやってきますよ!

イタリア製ナポリ仕立てオーダースーツ&オーダーシャツ専門店AVANCLASSICO
松川桂子でした☆

キャンペーンや特典のご案内はこちらのページ

THINK PINK
オトコのピンクシャツ祭り
2020年春の陣

日本人男性にもっとピンクシャツを着てほしい!
↓↓↓

3/22まで オトコのピンクシャツ祭りとは→

 アヴァンクラシコのオーダーメイド劇場
「主役しか演じないオトコ」を演出します。
自分だけのイタリア製スーツビスポークシャツ創り。
接客はナポリ式でやや長め。

極上の肌触り白シャツを創ってみる→

関連記事一覧