BLOG

日本橋S社長のネイビーシャツ、グレーパンツと知的に男らしく

CIAO BELLO! 
ごきげんよう。

イタリア製ナポリ仕立てオーダースーツ&ビスポークシャツ専門店AVANCLASSICOの松川桂子です

江戸時代は両替商エリアであった日本橋にオフィスを構えるS社長。
お仕上がりオーダーメイドをお届けしてきました。オフィスのエントランス、廊下、会議室など随所に飾られているアートを拝見するのも密かな楽しみです。
どれもが、ほどよく攻めている現代アートで私の美意識に刺さります。

今どきエグゼクティブのお仕事コーディネイト、ネイビーx濃いめグレー

今回の目玉お仕上がりはAVANCLASSICOでは特に今どきエグゼクティブに人気の「ネイビーシャツ」です。
恒例のフィッティング。

S社長室に姿鏡はないので、私が撮影して確認していただきます。

当日S様がお召になっていたグレーパンツとピッタリ!!

今どきエグゼクティブは胸の開きとタックアウトも計算

S様のリクエストは、タックアウトでもキマる短めのフィッティングでした。
そして、ボタンを2つ開けたときも上品になるボタンの配置。

スポーティーなのに上品、これたポイントです!

クラブカラー(丸衿)もワイルドに着こなす

S様のネイビーシャツ、襟型はクラブカラーやイートンカラーと呼ばれる丸衿です。名前の由来はロンドンの紳士クラブに集う紳士、名門イートン校出身の紳士が愛用していたからなのです。

皆様とって、丸衿は「幼稚園の制服」のイメージはございませんか??

AVANCLASSICO人気ビスポークシャツ、エグゼクティブが選ぶネイビー紺色シャツ、丸衿、イートン校生れクラブカラー、007ジェームズボンド、カクテルカフス

AVANCLASSICO人気ビスポーク「ハリー」モデル シャツ、今どきエグゼクティブが選ぶネイビー紺色シャツ。

クラブカラーは衿が小ぶりなので、顔周りをコンパクトにキュキュっと演出してくれます。
ボタンを開けた時でも衿が横に広がらず、スッと立ち上がります
幼稚園の制服どころか、意外と男っぽくキマるのです。

さり気ない品格と存在感、ネイビーシャツを選ぶべし

今回、S様には白いシャツは充実したので、白シャツ以外のシャツを増やしたいとのこと。
そこで、英国のハリー王子が昼間のカジュアルな公務でお召しになることが多いネイビーシャツをオススメしたのでした。
ネイビーシャツが今どきエグゼクティブに支持されているのは、

ジャケットを脱いだ時でも、ネイビーシャツなら一枚でもキマる存在感が十分あること。

実際にハリー王子もネイビーシャツをご公務でお召の時にはシャツ一枚で登場されることが多いです。

存在感の決め手は「品格のあるダークな色」であることです。

人の感覚は濃い色に重さを感じます。

フィッティングで纏った瞬間に
「もう何年も愛用しています」な馴染み加減。
オーナーと服の波動がピッタリ、息もピッタリ。
ネイビーシャツも喜んでいるのが伝わります。

ともかく、
エレガンテなオトコには
ドルチな人生が向こうからやってきますよ!

イタリア製ナポリ仕立てオーダースーツ&オーダーシャツ専門店AVANCLASSICO
松川桂子でした☆

 アヴァンクラシコは情熱のオーダーメイド劇場
「主役しか演じないオトコ」を演出します。
自分だけのイタリア製スーツビスポークシャツ創り。
接客はナポリ式でやや長め。

イタリア製オーダースーツの相談をする→

関連記事一覧