BLOG

オーダースーツも消耗品のルカ氏

Ciao Bello! チャオベッロ!
100%イタリア製オーダースーツとジャケット・パンツの採寸スタジオ
AVAN CLASSICOアヴァンクラシコの松川です!

2011年4月にイタリアナポリに採寸の学びに出掛けた時に
オーダースーツを注文しにきたゲストの様子を写真に撮ってきました。

思い出に残ったゲストの写真をご紹介

撮影するときに、日本のブログに載せるからね!とちゃんと了解をとってあります。
ま、イタリア人は”目立つ”のがだ~~い好きナルシストですから、
自分の顔が喜んでいました。

●超常連顧客のLUCAルカ氏登場!
写真では見えづらいですが、サングラスをオンがイタリアのお約束ですね。
ナポリオーダースーツ顧客

彼の袖口に注目してください、
本切羽仕立て(飾りボタンでなく、ボタンホールを開けるお仕立て)にしています。
これこそ、既成ではなくオーダースーツの醍醐味の象徴的お仕立て。

さり気にボタンを2つ開けていますね

今日の生地選び

ナポリオーダースーツ顧客ルカ

ゼニアの生地を見て、あ~素敵でも高い!と・・
価格と生地の質のバランスがとても良い、人気の
Vitale Barberis Canonicoバルベリス・カノニコ生地
見本帳(バンチ)
を真剣にめくるルカ。

今回はどれにしようか・・

”決めた!これ、これ、これ、3着ね!”

ルカ氏は2か月に一度、3着ずつほどのペースで注文するとか。
とにかく”スーツは消耗品”らしいです。

フィットをチェック

ナポリオーダースーツ顧客ルカ

勿論、今日のスーツもこちらで仕立てたもの
ルカ氏のパターンデータに変更の必要があるか
Moderistaモデリスタ、ササとチェック。

一度オーダースーツに袖を通してしまったら
既成のスーツはアホらしくて着られない~!

とオーダースーツ愛好家は100%語るそうです。

少し日焼けをして、笑顔が素敵
身に着けているものは、”上質でエレガント+少し流行”がキーワード
おしゃれなルカ氏でした。

Ci sentiamo tanto!
Ciao Ciao

渋谷のイタリア製オーダースーツAVAN CLASSICO
AVAN CLASSICOアヴァンクラシコ

お問合せ: ciao[アット]avanclassico[ドット]com

関連記事一覧