BLOG

20代トップ営業マンのオーダーシャツ作戦●信頼と共感をより高める

Ciao Bello! チャオベッロ!
イタリア男のように熱くセクシーに勝ちに行く
ナポリ人職人がつくる男の戦闘服をお届けする
スミズーラ・スタジオ
AVAN CLASSICO(アヴァンクラシコ)の松川です!

(スミズーラとはイタリア語で”あなたのサイズに合わせて”の意味)

アヴァンクラシコで経営者の方がダントツ好まれるシャツ生地があります

”ロイヤルカリビアン”ブランドのツイル(綾織)ヘリンボーン

人気の理由は;

生地がしっかりしていて透けないのと
光沢抜群
誰もを上品に魅せる色のトーン

第一印象では30代中盤(実際はまだ20代)にも思えたI様は品の良い営業マンで、
ご年配や社会的地位のあるお客様とも接する機会が多いそう

長年野球をやっていらしたので
胸筋ー上腕三頭筋が発達していて既製でスーツ&シャツ選びが難しい体型

胸板がしっかりある体型を”活かして”シャープに魅せるシャツ作りから
イタリア男に近づいて頂くことに。

信頼と爽やかさには”サックスブルー”
BlogPaint

●”経営者や社会的地位のある”顧客の好み”と共感を生む
アヴァンクラシコで経営者にダントツ人気のロイヤルカリビアンコットンのツイル生地で

I様オーダーシャツお仕上がり・紫パープルツイルに挑戦3

●”この男、若いけれど何か違う”を存在感を上品クリエイティブなイメージで
松川はイタリア人は紺と上手にコーディネイトしているパープルをお勧め
昨年8月に来日したモデリスタのサルバトーレもパープル紫のシャツでした。

●I様にとって大冒険だったパープルのシャツお仕上がりです
I様オーダーシャツお仕上がり・紫パープルツイルに挑戦1

●お名前はI様ラッキーカラーのROSSO赤糸で
存在感をだす4mm厚さの貝ボタンーお写真からも充分な立体感が

I様オーダーシャツお仕上がり・紫パープルツイルに挑戦2

●濃紺のジャケット(アヴァンクラシコのモデルガーメント)と合わせると
派手さはなくシックに決まっています
BlogPaint

色のパワーでアピールしたい印象も変えられます

同じ濃紺のジャケット&同じ織のシャツ生地
サックスブルーとパープルの違い、どう感じられますか?

I様、撮影ご協力ありがとうございました。

ciao ciao
a presto

イタリア流カミーチャ・スミズーラ(オーダーシャツ)


日本人の体格を立体フィットで魅せるなら断然イタリア・ナポリ仕立てスーツ

アヴァンクラシコ

jpnhttp://www.avanclassico.com
uk: https://avanclassico.com/

logoS

関連記事一覧