BLOG

20代お洒落新郎ウエディングスーツ、生地プレゼンに優勝は!?英国!

Ciao Bello! チャオベッロ!

モテる男の聖地・イタリアナポリ職人が仕立てる
”1着の芸術”のオーナーになりませんか?

イタリア製テイラーメイド”直接”輸入する専門店
六本木のAVAN CLASSICO(アヴァンクラシコ)の松川です

六本木ヒルズの近所に
イタリアのような品揃えの
ウエディングドレスショップmicieがございます、

イタリアのような・・
というのは大人の上品&上質&でも可愛さたっぷり

そんなドレスショップを選んだ
本物上質志向の新婦さんが

生涯のパートナーに選んだ男性=新郎様の

ウエディングスーツのご用命を頂きました。

前置きが長くなりましたが、
micieさんからご紹介頂いた時点で

これは、お洒落カップルに違いない

とどんな展開になるか期待しておりました。

実際に、待ち合わせの場所(六本木けやき坂バーバリー前)で
すぐにあのお二人に違いない!!っと
お洒落なカップルでした。

●どんな生地で新郎スーツを作れるのか?
●新郎スーツ、ウエディングの舞台でも十分華やか、
その後の生活にも着用できる新郎スーツって本当にあるのか!?

●ご自身に”絶対的”に似合い、10年経っても着こなせるスタイル
●スポンサーが新婦のお母様とのこと
新婦とお母様が、今も、10年経っても
”Kさんらしい、お洒落、素敵、プレゼントして良かった”と
惚れ惚れしていただけるスタイルを

をテーマに

長らくの生地プレゼンの会議で

勝ち残ったのが

英国HARRISONS OF EDINBURGHハリソンズ
の、
MIRAGE ミラージュ・シリーズ

ウール+麻+シルクのトリオ

室内だと色が深く
紫が強くなります

K様新郎ウエディングスーツ候補No1ハリソンズx白ドレスシャツ

自然光を受けると
リフレクションで明るく!紫は抑え目に
K様新郎ウエディングスーツ候補No1ハリソンズ

この微妙な青紫、高貴なバイブレーションを発しています

ヨーロッパでも日本でも紫は高貴な色とされていましたね。

昔は紫の染色は非常に贅沢な素材が必要でした。

ミラージュ・シリーズは
ハリソンズの春夏ジャケット生地
とされています

フォーマル用の生地でもありません

極東のアングロサクソンい比べたら細身の日本人男性を

ハリ感シャリ感と光沢がノーブルにカラダを包んでくれるのですよ

大勢の中にいても”あの人何か違う、素敵”
特別な存在に演出してくれるのです。

ご家族会議の末に正式にご用命頂きました。

イタリア流モテル男のオーダーメイドシャツTailor made shirts
イタリア流モテる男のカミーチャ・スミズーラ(オーダーシャツ)

イタリア製ナポリ仕立てオーダーお洒落ジャケット
人と同じはイヤ!我儘ディテールでお洒落な男のオーダージャケット

360°男らしいカッコイイ・イタリア製ナポリ仕立てスーツ

冠婚葬祭もオーダー・礼服・フォーマル・花婿ウエディングスーツ

冠婚葬祭もお洒落にキメたい・礼服フォーマルスーツ
花婿新郎のウエディングスーツ

logoS
jpnhttp://www.avanclassico.com
uk: https://avanclassico.com/

関連記事一覧