BLOG

ピエモンテ修行ワインソムリエHさん迎えたパーティー、大ヒットはトスカーナの・・

Ciao Bello! チャオベッロ!

人生がもっとドラマチックになるスミズーラ、AVAN CLASSICO(アヴァンクラシコ)のマツカワです。

ピエモンテでワイン修行をされ、トリノの歴史ある名店でソムリエも務めたHさん、帰国してご自身のお店を赤坂に出店されました。ご近所繋がりで2015年早々に知り合いまして、人柄とワインへの愛情と職人的プロフェッショナルな仕事ぶりが素晴らしく、親交ができました。。

イタリアワインは玄人レベルのIT社長友人Oさん邸での恒例のワインパーティー(美味しく貴重で高価なワインを惜しみなく♪)先日は主賓にHさんを招いて”プロをおもてなし”の会が少人数限定で開催されたのでした!

その中で、これぞワインのアヴァンクラシコ(アヴァンギャルドでクラシック)革新と伝統を味わえる逸品に出会えたのでブログでご紹介いたします。

私のソウルワイン魂に響くワインはトスカーナ、キャンティクラシコ、サンジョベーゼであることは申し上げておきますね。人生のある時期集中的に飲みまくっていたので楽しいフィレンツエ生活の思い出とともに細胞がいちばん歓びます。

GALATRONA 2006年
メルロー100%

SANGIOVESEサンジョベーゼ王国のお母さんに育てられたメルロー君といった絶妙な味わい、ハイブリッド感、がツボだったのでした。
IMG_2367

AREZZOアレッツオのエステイト、PETROLOのホームページでGALATRONAについて詳しくチェックしてみてください。英語版もちゃんとありますから。

IMG_2436

ピエモンテ代表
IMG_2366

スタートは泡で、フランチャコルタ・SHIMBIOTICOはVINO HAYASHIのことし1月開催の東京テイスティングパーティーでは人気NO.1でした。

IMG_2365

ソムリエのHさん、同業プロから、シェフから、お客様からも人気があります。私が紹介した方がは”100%通っています”紹介で2回目以上があるって本物ということですよね。

そんな人気者を数人で日曜の昼下がり独り占めしたなんて~!!と嫉妬を買わないためにお名前はイニシャル
にしました。

はい、Hさんのお名前とお店は、本物を愛する方へこっそりと、、アヴァンクラシコのショールームにご来店された時に

お店は東京で一番肉が美味しい!!と新しい名声を得ているお店の向かいです~!!

凄まじい食いしん坊はイタリア人と仲良くなれる最大の共感ポイントです。

食とワインと着るの哲学でお互いを認め合えれば”もう親友”です!!


ciao ciao

camicia img

イタリア流モテる男のカミーチャ・スミズーラ(オーダーシャツ)

  

関連記事一覧