BLOG

イタリアのAMAZONが教えてくれたイタリアのドラマなモノづくりは永遠に不滅

Ciao Bello! チャオベッロ!

AVAN CLASSICO(アヴァンクラシコ)のマツカワです。

イタリア、ユーロ圏から輸入業としてはギリシャ国民投票には大いに関心を寄せていました。

事前の調査では、緊縮政策の賛成と反対が拮抗していました。私としては”信じられない”、反対するのがギリシャじゃないのか!?いよいよ年貢の納め時なのか、、と納得いかなかったのですが。。

お見事、緊縮政策に反対が圧倒。

ところで、イタリアAMAZONのお話。
日本では手に入らないイタリアで出版されている書籍、2冊をイタリアのAMAZONで購入してナポリに送ってもらおう♪と
ナポリチームに”受け取ってね~””次回のデリバリーに同梱して”と伝えたら

イタリアのアマゾンは届くまでに1週間かかるよ

え~~!!

早く注文しておいて!!

日本は、即日配達だったり、翌日には発送が標準、即発送を実現するために、アマゾンの倉庫で働く人は大変でしょうが、それが仕事と、ユーザー利便性を優先させてシステムが成り立たせているわけです。

が、イタリアでは”人が人らしく、人はロボットではない””仕事は人生のごく一部”

以前、チャンピオンズリーグの日にナポリ集荷を依頼したら、業者が夕方になっても現れず
やっと連絡が取れた時に”チャンピオンズリーグ観戦(TV)に間に合わないから、今日は行けない”と言われたそうです。。
何があっても今日中に!!と粘ったらティフォーゾ(サッカー狂いの)息子の代わりに両親が代理で集荷に来た!!
勿論、その後すぐにフォワーダーを変更しました。。

イタリアでは翌日発送より”荷物がちゃんと届く事”でOKなんですから

翌日発送のために倉庫を走り回るなんてアメリカ会社の奴隷みたいに働くなんてとんでもないことで、むしろ”働いてあげてるのよ”ぐらい。

そこで、思ったのは、イタリア人のモノづくりが人を魅了するのは

モノの作り手、背景(歴史など)に”人が人生を楽しんでいる”空気感
人生を楽しむ情熱、人間への愛、遊び心
目に見えないエネルギーが自然と付加されているように思えます。。。

日本の職人さんは、ひたすら”より良いモノを作ることに捧げている”、精密で洗練されたモノづくりは私たちの真骨頂。

イタリアはたとえ国が滅んでも、個人は栄え続けます!イタリア人のモノづくりも不滅です。

IMG

バルファキス元財務相さんの黒ジャケット、黒スーツ姿、密かに楽しみに見ていたのですが。。
ニュースでお会いできないなんて、寂しいです!!

黒スーツ/ジャケットに、派手な柄シャツや黒シャツを組み合わせて、

イタリア製カンクリーニ黒ブラックオーダーシャツ (3)

マスキーレな存在感と大人の色気を演出するオールブラックなスタイリングいかがですか!?

ciao ciao

camicia img

イタリア流モテる男のカミーチャ・スミズーラ(オーダーシャツ)

  

関連記事一覧