BLOG

ブランドの伝統と革新、ザ・キャピタルホテル東急で栗と秋刀魚のランチを食べながら

Ciao Bello! チャオベッロ!

【スーツは建築】、【シャツは恋人】AVANCLASSICOアヴァンクラシコ、人生も仕事もラテン精神で!マツカワです。

ザキャピタルホテル東急の改装リニューアル前、のORIGAMIが実は私は好きで名物料理を食べに行ってました。改装直後に訪れて、”ありがちなブティックホテル”のインテリアにガッカリしたのでした。わかりやすい伝統、品格の香りがなくなっていたからです。。

たまにお茶をする程度の利用になってしまいました。

シンガポールから午前中に帰国して、午後から仕事を終えて2時過ぎ、しっかり空腹を感じたところにふとキャピタルホテル東急を思い出しました。久しぶりにORIGAMIで食事がしたくなり2時半ラストオーダーぎりぎりに飛び込みました。

シンガポールからの反動だったのでしょうか、、

水面に松が映る席、なんとJAPAN! 外人観光客のようにテンションが上がります!
そしてテーブルには盆栽ブーケが。

avanclassico_lunch_origami (1)

改めて、松の映る水面を眺めランチをして思ったのは、、かつてのORIGAMIのインテリアのままだと”古臭い空間”になり集う人も”古臭い人”になっていたのだろうと。これまた、シンガポール効果か、、時代も人も変わります、インテリア、メニュー、スタッフの制服、マテリアルや色使いも進化していかなくてはなのだな。。と納得したのでした。ブランドとして存在し続けることは、革新しつづけ世の人々に”美と感動”を喚起することです。

1週間に2回もいってしまったランチコースご紹介します。
シンガポールの物価高の後では、更にお得感満載でありました。、

前菜はサーモンといくらのORIGAMI仕立て

avanclassico_lunch_origami (3)

ココットごはん、栗の炊き込みご飯にジューシーな秋刀魚
栗も秋刀魚もたっぷり、
avanclassico_lunch_origami (4)

あまりに疲労が溜まっていたので、通常はコーヒーはブラックな私が”白くないお砂糖を!”とお願いしたら”キビ砂糖”が出てきました。もう、かじってしまいました。。
avanclassico_lunch_origami (5)

この栗と秋刀魚のココットごはんがツボにはまり、数日後に再訪しました。
前菜を蛸とセロリのイタリアンサラダ仕立てにしてみました。

蛸の柔らかさと塩加減が絶妙でボリュームもしっかりでまた虜です。
イタリアン仕立ての意味はジェノベーゼソースが付いてくるからでした。
ソースなしでもむしろ私はシンプルに蛸の塩味で十分堪能しました。

avanclassico_lunch_origami (6)

16時すぎるとロビーでは着物の女性が”お琴の生演奏”、これは初めて知りました。
日本人にとっても着物+お琴は非日常のジャパンであります、心豊かなひと時を過ごせました。

シンガポールの反動が大きいようです。。

シャツは恋人、おまとめ購入する最大20%お得なパッケージをご用意しております

CIAO CIAO!

ART of  Made for You 世界に一着の扉はこちら
avanclassicoアヴァンクラシコHP

レジェンドなお仕上がり、インスタグラムにはアップしております。

アヴァンクラシコのインスタグラム

ciao ciao

関連記事一覧