BLOG

Buonissimo!アマルフィー海岸で有名なサレルノ、Cafe Cutelliカフェ・クテッリに感動

Ciao Bello! チャオベッロ!

【スーツは建築】、【シャツは恋人】、人生も仕事もラテン精神で!

幸運のビスポークAVANCLASSICOアヴァンクラシコ、松川です!

今日は南イタリア、美味しい話題です。

麻布十番「DIECI ディエチ」で遭遇、絶品カフェ(コーヒー)

ナポリと言えば強く濃いカフェ(エスプレッソ)文化でも知られております。
ナポリのコーヒーブランドでイタリア全国区はKIMBOキンボが筆頭。

今の世界最高レベルのイタリアンレストランがひしめく東京では皆さんもよくご存知でしょう。

DIECIでのお食事の〆のエスプレッソが期待を裏切る美味しさでした。

DIECIのカフェマシンは失礼ですが超プロフェッショナル、業務用の高性能のものでなく、、、
家庭用のような小型マシン。

まったく、期待せずに飲んでビックリ!

カフェ・クテッリ、南イタリア・サレルノ代表

あの家庭用マシンで淹れてこんなに美味しいカフェの正体を知りたい!!

もう1杯おかわりを頂くことにして(私としては珍しい)夜眠れなくなることを覚悟ですから。。
シェフにお尋ねしたところ”CAFE CUTELLI”と教えていただいたのです。

ご存知の方はいらっしゃいますか?

IMG_1749

http://www.caffecutelli.it/

ロゴマークがスーツにハットのおやじです。
シェフのご友人が日本でインポーターをしているそうです。

東京でインポーター直営のカフェが新橋と大門の間にもあるそうです。
そこでは、本格的なレバーを引いた圧力で抽出するカフェが飲めるそうです!

骨太男のナポリとお坊ちゃまサレルノ

CAFE CUTELLIのサイトを訪問してみたら、厳密に言うとナポリコーヒーではなく”サレルノコーヒー”でした。
サレルノと言えば

海のリゾート

アマルフィー海岸

レモン、レモン製品

水牛のモッツアレッラ

で有名です。

ナポリのお隣なのに人の気質と街が全く違っていまして、、現地で出会う方々は皆さん穏やかでした。

おまけ、鎌倉と葉山も違います

隣り合うローカル、ナポリとサレルノのキャラが全く違うのと同じく、鎌倉・逗子・葉山も大きく違うのです!

私は日本に帰国してしばらく東京に住むなどとても考えられず、海と山と自然が豊かな逗子の山の上に住みました。

逗子は鎌倉と葉山に挟まれて、逗子マリーナ(鎌倉より)はカルフォルニア気分が味わえたりします。

鎌倉、逗子、葉山は3つの村が隣り合っているようなもの。

3つの村の住人ローカルもそれぞれに、”私たちは違う!”と当然のごとく思っていまして面白かったです。
東京や地方からみれば鎌倉・逗子・葉山も”湘南ひとくくり”です。。

スローで穏やかなサレルノ生まれ、カフェは目覚めるパンチが効いてます

CIAO CIAO!

関連記事一覧