BLOG

賢いビスポーク愛好家がヘビロテするナポリ仕立てジャケット

Ciao Bello! チャオベッロ!

イタリア流・幸運のビスポークAVANCLASSICOアヴァンクラシコ
ELEGANZAで賢者のクローゼットをスタイリングする松川です!

元国際線CAで現在はミラノ在住の友人Kさんが、一時帰国の際にアヴァンクラシコに立ち寄ってくれまして、素敵な画像を撮影してくれました。私は彼女【アングルの女神】と呼んでおります。FBやインスタグラムは”雑誌”の特集ページ並みの画像でいっぱい。

CLASSICO & POPがテーマです。

クラシコだけだと固くなるので本物の宝石でないビジューのラペルピン・ブートニエールの重ね付けで軽やかにしています。ここにアンティークのブローチをしてもいいのでしょうが、AVANCLASSICO(大人ならではの前衛とクラシックの小粋なバランス)のスピリットで。

せっかくなので、私が最もヘビロテしているビスポークジャケットを紹介させてください。
女性は人種国籍を問わず、超現実的な生き物です、たぶん出産&子育て最適化なスペックが優勢な女性が人類の歴史のなかでサバイブして子孫を残してきたからだと推測しております。

そんな、超現実的・女性は”賢いビスポーク(お買い物)”も得意であります。。。

ヘビロテの最大の理由はズバリ【生地】
1)シワに強くてシワ戻り即効!深いしわが入ったジャケットなんて疲れてみえます。
2)着心地が超快適、伸縮性が抜群! 大人のジャージと呼んでいるぐらいです。
3)安心で程よい存在感の色と柄

ヘビロテの生地とは・・・
英国のウールマーチャント、HARRISONS OF EDINBURGH ハリソンズの夏向けのコレクション【FRONTIER】はもう、毎日のお仕事に超活躍します。

夏向けの生地を真冬に?
理由は東京とイギリスの気候の違いです。東京はスコットランドに比べたら格段に暖かいので英国製夏向けウールは東京なら3.5シーズン(真夏&酷暑は除くほぼ4シーズン生地)

ヘビロテの理由2 ディテール
女性のジャケットにありがちな極端なウエストシェイプや短い丈とは真逆のディテールです。
メンズ仕立ての特性を活かして女性が着る意味を考えて、、丈を長めにして、ウエストはシェイプは若干にとどめて、スラっとラインを構築しました。
軽さが身上のナポリ仕立て、肩パット無しで肩回りが軽やか!

ヘビロテの理由3 ネイビー
赤やチェックのジャケットは印象が強いのでヘビロテしていると”また着てる”と気づかれますが、
ネイビーは知的でありながら奥ゆかしい色なので、周囲に好印象を与えながら、ヘビロテしていると気づかれずらいのです!!

●【どんな服にもコーディネイト】がキマる
一言で、それに尽きます。これぞモダンクラシコパワーです。

POP技はイタリア・フィレンツエ製【ブートニエール・ラペルピン】
IMG_2088

元国際線CA ミラノ在住の河見恵子さんがイタリアから東京に皆様のもとへ連れてきています。
http://www.kei-firenze-grant.com/

SALE 開催中、ジェームズボンドにインスパイアされたFESTA”ビスポークシャツ祭り”にご参加しませんか♪

festa

CIAO CIAO!

avanclassicoアヴァンクラシコHP

レジェンドなお仕上がり、インスタグラムにはアップしております。

ciao ciao

関連記事一覧