BLOG

英国ウイリアム王子、若きロイヤルファミリーのブルー使い

Ciao Bello! チャオベッロ!

遅ればせながら
キャサリン妃、無事のご出産おめでとうございます!

私はウイリアム王子とキャサリン妃のインスタグラムを時々拝見しております。
おめでたいニュースを聞きてどんな画像をアップしているのでしょう?と訪問してみると

なんと、上品で鮮やかなロイヤルブルーのジャケットをお召しになっているではないですか。
キャサリン妃は英国の赤、HARRISONSの生地見本帖の色を思わせます。
ロイヤルブルーと赤がまぶしいお二人です。

インスタ映え、いや、画像映えを考慮してロイヤルブルーと赤のコントラストで登場されているとしか思えません。

パパと子供のブルーづかい

病院にご家族で入っていく画像
衣装のように3人はブルー系でコーディネイトしております。
グラデーションのようです。

シャーロット王女→ウイリアム王子→ジョージ王子

水色~ブルー~ロイヤルブルー~ネイビー

シャーロット王女可愛いですね💛💛

ウイリアム王子の“ブルー”グラデーションが上品さの肝

ウイリアム王子のコーディネイト、
ロイヤルブルーのジャケット

ネイビーのパンツ

サックスブルーのシャツ

は仕事(オフィシャルな場面がない)、出張、オフタイム、活用できますね。

一つ一つが上質で仕立てが良いモノであれば、シンプルな組み合わせでこそ品格がにじみ出るものです。

品格ロイヤルブルーの王道はハリソンズで

↑HARRISONS の春夏向けのサラッと軽やかMYTIQUEシリーズ
ロイヤルブルーの本流

薄いのにシワになりずらく実用性が極めて高いのもイギリスブランドらしいです。

東京のビジネスシーン、オフタイムや出張・旅行用ジャケットTと365日活躍します。

ロイヤルファミリーのような、アッパークラスのブルー使いは永遠の若々しいエレガンス、間違いのない安心スタイルです。

Io sono Matsukawa, Keiko Matsukawa
ドルチェヴィータの達人・オーナースティリスタ松川でした。

Ci Sentiamo Tanto! Ciao Ciao!

関連記事一覧