EXECUTIVE

神の視点で自分を俯瞰してみたい
いつも新しいオトコは自然体

今どきの勢いに乗っているビジネスパーソン、起業家、経営者、オーナー社長、クリエイター、出世している男たち。フレンドリーな笑顔の彼ら、しかしどこか近寄りがたい雰囲気を醸し出す。成功と引き換えに何も犠牲にしていない。孤独は悲しくない、越えた先に自由と自信を獲得した。支えてくれた愛があったから。愛に応えられる、特別な存在である暗号は光。

ジュリアーノは驚いた。
500年後に服装は身分や職業を現わさない。
自己存在の証明なのだと。

天国門の前でダンテ・アリギエーリはジュリアーノを迎えていた。500年後の時間旅行へと声を聞く、ダンテは言った「お行きなさい」。
そこは2000年代の地上、豪奢な衣装に身を包んだ貴族の姿はない。一見すると皆同じような服装。
しかしジュリアーノは見逃さない「リラックスした態度のなかにさりげない格調」を忍ばせた暗号を。
市民階級から偉業を成したメディチ家のジュリアーノは未来の「自分らしい成功」に満足するオトコたちに微笑んだ。

  • テーマ
  • スーツ・ジャケット・シャツ
  • シャツ
  • ファブリック

上品な煌めき。さりげない特別感。

主役のサクセスストーリーは矛盾。笑顔と冷徹な自己分析。それは、深い内観から自我を解放し自己の魂に出会う瞬間に似ている。
攻略すべきは「物質界の光」。

アヴァンクラシコ劇場史上、エグゼクティブを演じるオトコたちが「これは自分に相応しい」と発見する背景には宇宙の法則のごとく普遍の「愛と戦略」がある。

只今製作中、まもなく上演。
究極のオトコの白シャツ
只今製作中、まもなく上演。
只今製作中、まもなく上演。

全ての可能性に心を開く。
勝利に愛されるオトコは胸元で語る。

アヴァンクラシコ劇場に登場する主役、今どきの成功者たち、出世しているオトコたち共通して「知性溢れる美しい女性」キャストたちに愛されている。一人の女性に愛されるオトコは世の人々を自然と自分の仲間にしてしまう。ジャケットやシャツを着た時、顔そして首から連なる逆トライアングルの終着点、それが生命線。VICTORYにも愛されるオトコは自分史上最強の胸元Vゾーンを1㎝単位で創造。

PASSION

絢爛豪華な貴族の雅と武士道精神の粋。日本人のDNAに眠る美学が覚醒する。イタリア二千年を誇るエレガンツアと英国紳士の伝統を現代を生きるあなたを舞台に先進的に再生させるイタリア・ナポリ製スーツと日本製シャツのオーダーメイド専門店アヴァンクラシコ【AVANCLASSICO】。「主役を演じる人」の衣装以外は創らない。南青山で、あなたの舞台の幕が今、上がる。

アヴァンクラシコの情熱

PRODUCER

情熱の衣装づくり・アヴァンクラシコ劇場で絶妙なるキャスティングと品格ある演出は代表の松川桂子の役割。海外生活を通じて、精神的にはラテンとイギリスのハーフになったと自己分析。日本よりイタリアとロンドンに居るほうがホームと感じる。

あなたのプロデューサー