ARTISAN

時はゆっくりだった
シャツ職人は美しさだけを求めた。
本物シャツが目利きできるオトコに。

産業革命後、マシンメイドのシャツ最高峰の技を現代に継承する熟練オーダーシャツ職人。
匠の技が紡ぐ手間暇を惜しまない縫製、丈夫で美しい仕上がり。
アヴァンクラシコのアルチザン仕立て、現代では伝説の領域。
本質を見失わない、伝説を肌で語り継ぐのは主役しか演じないオトコの誇り。
生まれ育ちが良い、何より「美しいシャツ」至福の賛辞。

 

AVANCLASSICOで実際に人気の高いシグニチャーシャツ

アルチザン縫製
14の熟練オーダーシャツ職人技の饗宴。
現代のノブレスが選ぶ生き方。

ノブレスオブリージュNOBLESSE OBLIGEとは「貴き者の義務」。
貴族や上流階級に生まれたものには(社会や恵まれない人々に対しての)責任や義務があるという意味で使われてきた。
現代ではレアすぎる伝説、アルチザン縫製のオーダーシャツ。
オーナーはシャツを着ていない。
歴史と伝統を未来に繋いでいく新時代のノブレスな生き方

PLEASURE 

シャツは恋人、快適な着心地をひたすら探求。
高い機能性は必然。見た目に完璧に美しい。

オフセットスリーブ

とても贅沢なテクニック。テイラードジャケットの袖付けと同じ工程で、アームホールへ袖を挿入する。イタリア製ナポリ仕立てのテイラードジャケットの如く小さなアームホールを実現。立体的で着心地は快適、脇の下がほつれづらい強度も抜群。アームホールの脇の位置を高く、袖周りを小さくデザインできるため腕を前や上に動かした時、シャツ全体が上にあがらず「スマート」。

*大量生産、現在の標準のシャツでは本体の脇からカフスまでを一連の工程で縫う。さらにコスト削減ではアームホールの位置が深く(下)にする。結果アームホールは大きく、腕を上げた時に袖とシャツ全体が上にガサッと上がってしまう。

カーブカフス


最も高度な縫製テクニックが要求されるのが衿とカフス。人体のなかで首、手首、足首と”首”とつくパーツは細い円筒。衿は首を丸く包み、カフスは手首を丸く包むパーツです。
・カフスの端をカーブにカット
・控え(裏地)を表地より小さく設計)
・裏の布を少しずつ引っ張りながら表布と縫い合わせると”張力で自然に丸くなる”仕掛けが施されます。
・自然なカーブが手首にしっかりと立体フィットなじみます
*カーブカフスはビッグフェイスの時計愛好家の方には必須、時計とカフスとの摩擦を防ぎシャツが長持ち。

3㎜巻縫い・本縫い

エレガンツア王国イタリアで開発された、非常に高度な匠の技。肌にソフトな感触を与える精密な工程。裏を返しても美しく、肌に触れても良し、まさにイタリアの美意識。折り伏せ縫いとも言う。
・袖と脇サイドの縫いしろを折って端が出ないように巻き込み伏せてる
・「3㎜の間隔で」「2つの異なるシングルステッチ」で縫う
・2本の針で一度にマシンで縫うのではないため、「強度」が飛躍する。
*標準シャツや大量生産シャツではコストを下げるために真っ先に犠牲になる技術。

根巻きボタンつけ

ハンド技でボタンがしっかりと根本から立っています。
ボタンを留める外すの動作が素晴らしく軽やかでスピーディー。ボタン糸のほつれもなく強度もあり。

生地の洗い

本来はビスポークシャツに重要な工程。シャツ生地を1回洗い「予め縮ませた状態」で裁断、縫製します。お洗濯による縮み率を軽減。仕上がりに風合いでます。

 

DETAILS

神が宿る細部ディテールは美しすぎる。

天然の貝ボタン

厚さ3.5mm以上ともなると貝の中央のもっとも厚みのある階部分からのみ採取できる貴重な最高級貝ボタン。最高級貝ボタンは高瀬貝が知られているが、その上をいくのが【白蝶貝】純白に輝き別格のオーラを放つ。

1㎝に8ステッチの運針

1㎝あたり8縫いストロークス。
1㎝にたいするステッチ数が高ければ高いほどクオリティと耐久性は強固になる。
お気に入りのシャツの縫い糸がほつれる心配はご無用の次元。

総柄合わせ

実はストライプシャツの裏にこそテーラーの真価「高級シャツと言えるお仕立か?」を確認できます。
袖の剣ボロ、カフスの表裏、衿羽根と衿台の表裏、ヨークと袖山、ヨークの表裏のポイントでストライプ柄を合わせているかが肝。

スプリットヨーク

最もストレッチ機能が必要な背面のショルダーラインのヨーク部分を左と右に分けたバイアス仕立てで肩の動きにフィットさせる構造。

端を丸くかがるボタンホール

ハンドならではの微細なステッチでボタンホールの端を丸くかがる技。味わいのある仕上がり、且つ強度も高い。小さなディテールだが本物には必須。

イニシャル刺繍

オーダーシャツが特別であるには刺繍のイニシャル。
場所はどこがエレガントなのか?左の脇腹の衿が控えめな紳士シニョールのお約束。

イタリア王道スタイルはイニシャル刺繍のポジションは「左脇腹」。「イニシャル」を二文字を「ネイビー」色の糸で。ジャケットからチラリと見えるのがさりげない大人のお洒落。

REINFORCEMENT

本当の美しさは強さ。長持ちする補強テクニック。

取り外し可能なキーパー

シャツの顔である衿の形を保持するキーパー(ステイ)は洗濯やクリーニングでのダメージを防ぐために取り外せる必要があります!

ガゼット

小さな力布。伝統的な職人技の「3mm巻き縫い」の工程と関係。オーダーシャツの前身ごろと後身ごろのつなぎ目を強化する。

剣ボロにはカンヌキ(カン止め)

補強です!
袖をまくり、思い切り着倒してください!

3つの主役スタイル
アヴァンクラシコ流オーダーシャツの源泉

今を冷静に戦い、未来を情熱的に創造するオトコの生き様とシンクロ

ELEGANZA

イタリア流に自由でセクシー

エレガンツア

GENTLEMEN

007ボンドのごとく男の美学

ジェントルマン

EXECUTIVE

さりげない愛と戦略

エグゼクティブ

シャツは恋人

イタリア語でシャツをCAMICIAカミーチャと表現する。ロマンチストなラテン男の粋が宿る1枚の芸術。
素肌に纏うシャツ、あなたとシャツの関係はとても親密。
主役を演じるあなたを毎日ワクワクさせる、恋人シャツ。
アヴァンクラシコ劇場の舞台裏には、500種類の生地、50の衿型、10のカフス型、色とりどりの共演者が「理想の恋人シャツ創り」に控えている。

ビスポークシャツ

17の伝説
人気オーダーシャツとペルソナ

情熱のアヴァンクラシコ劇場で史上最も愛されてきた17の伝説のビスポーク。人気オーダーシャツに宿る際立つ歴史・品格・遊び心・個性とは?今日、あなたはどのペルソナを相棒に主役を演じるのか?007ジェームズボンド、ガイ、またはジャンルカ?

17の伝説シグニチャーシャツ

伝説シャツの誕生
5つの不滅のドラマ

主役しか演じないオトコ達に愛されてきた伝説のオーダーシャツ。誕生の背景には「5つの不滅のドラマ」がある。007ジェームズボンドシャツ、ドットーレ白シャツ、ロンドン紳士シャツ、エグゼクティブシャツ、イタリア男のエレガンツアシャツ。
うんちくと舞台裏を語り尽くすのは代表・松川桂子。ビスポーク愛が炸裂。

5つの伝説・特集記事

精神はイタリアと英国のハーフ
祖父の蝶ネクタイスーツが原点

「主役を演じるあなた」を「イタリアとロンドン紳士の流儀」で演出。アヴァンクラシコ代表・松川桂子の役割。海外生活を通じて、精神的にはイタリアとイギリスのハーフになったと自己分析。
憧れの車はアストンマーチン、歴史と建築が好き、映画007はカジノロワイヤルとスカイフォールが刺さる、エレガンツアならお任せあれ。

あなたのプロデューサー

サプライズプレゼント作戦
伝説のオーダーシャツを贈る

大切な方へアヴァンクラシコの「イタリア&ロンドン紳士の流儀」オーダーシャツの贈り物。お誕生日、昇進お祝い、ご栄転お祝い、バレンタインデー、クリスマスプレゼント、御礼のギフトに。夫・パートナー、ご家族、友人、お仕事仲間へ.サプライズプレゼント作戦も大歓迎。バースデープレゼントが一番人気。

サプライズギフト