お手本は、
ナポリお洒落番長の
“ギャップ萌え”
伝統的なアイコンをカスタマイズ

「ロンドン紳士スタイル」と聞くと、伝統的で堅苦しい印象をお持ちかもしれません。そのスタイルを上手く、お洒落に取り入れているのが、ナポリのシニョールたち。ナポリのお洒落番長は、ロンドンの伝統的アイコンをどのように取り入れているのでしょうか?AVANCLASSICOで人気のシャツをご紹介します。

松川 桂子
AVANCLASSICO代表

南青山でナポリ流スミズーラ(オーダー)文化を伝えるAVANCLASSICOはナポリの職人が仕立てるスーツ・ジャケットと日本製ドレスシャツを扱うオーダーメイド専門店。海外生活を通じて精神的にラテンとイギリスのハーフになったと自己分析。日本人のスーツ着こなしは、DNAに眠っている絢爛豪華な服飾史と武士道の美意識が活性すれば凄まじくカッコよく進化すると信じている。

AVANCLASSICO代表 松川桂子の写真

ロンドン紳士スタイル=育ちがよくて上質

ちょっと想像してみてください。息子の婚約者との初対面の場面を。
女性が「上質」で「清楚なお嬢様風ワンピース」で登場したら? 「育ちが良さそう」と安心するのではないでしょうか。
「都会らしい清楚なお嬢様ブランドと言えば」で純粋想起を取っているあるブランドは20代〜40代と幅広い年齢層の女性が「頼り」にしています。流行に左右されず洗練された、都会に映えるデザインは時代を越えて一貫しています。
女性にとってのお嬢様スタイルは、男性にとっての「ロンドン紳士スタイル」です。初対面で好感を持たれ、「育ちが良く見える」「安心感を与える」「信頼できそう」「仕掛けられている流行に追随しない自分軸をもっている」という第一印象を与えます。
ビジネスにとって重要で、相手に与えたい印象がすべて網羅されていると思いませんか?
また、上質で品がよいスタイルは流行に左右されないせいか、年齢を重ねても、あなたを爽やかで若々しく見せてくれます。
ただし、ロンドン紳士といっても「高級だけど古くさい」と伝統に幽閉され、時がとまったままの化石スタイルは、東京で活躍するあなたには必要はないでしょう。
20代男性も憧れる、女性が胸キュンする、あなたを「化石の紳士」でなく、「永遠に若々しい青年」に演出してくれるビスポークシャツ創りのお手本は? ズバリ、「ナポリのシニョールのロンドン紳士スタイル」です。颯爽と軽やかに、街を舞台に歩く姿は「エイジレス」のオーラが。

元祖“余裕のギャップ萌え”は
ナポリのシニョール

ラテン人による古代ローマ帝国繁栄より以前「エトルリア人」時代から栄えていたナポリは、碧い地中海・輝く太陽・青い空の桃源郷でした。人の気質も文化も地理もイギリスとは真逆です。
そんな開放的で快楽的なナポリのシニョールが、「ストイックで不屈」のロンドン紳士スタイルに身を包むからこそ、洒落ていてカッコいいのだと思います。ナポリの上流階級がロンドンスタイル好きな理由のひとつに、異文化を自分のモノにする精神と知性の余裕が、アッパークラスを彷彿とさせるからではないかと分析をしています。
例えば、いかにも紳士といった外見・印象・背景ではない20代男性が、ロンドン紳士スタイルを取り入れると、そのギャップから、新鮮さが際立ちます。
また、一見ゴリゴリのイタリアブランドが好きそうな方や、華やかで派手な印象の方が、反対のイメージをプラスすることで、かえってお洒落度がアップします。
これが、AVANCLASSICOが提案する「ギャップ萌え」の定石。そのためのツールとして活躍する、ロンドン紳士的アイコンをご紹介します。

階級社会が生んだ伝統も、
一巡すれば新鮮でクール

一見、「女性っぽい」「幼稚園生の制服みたい」なこの丸衿が、AVANCLASSICOで人気アイコンシャツのひとつです。
実はこの丸衿(ラウンディッド・ポイント)こそ、正真正銘の英国生まれの衿型、ロンドンの紳士倶楽部に由来する【クラブ・カラー】と言われています。
サックスブルーと白の爽やかピンストライプは【ナポリのアイコンシャツ生地】です。カフスはボンド・シャツ記事でご紹介した映画007ジェームズ・ボンド好み、伝説の【カクテル・カフス】です。
「ナポリ」、「ジェームズ・ボンド」、そして「ロンドン紳士クラブ」と3つの華やかな要素を集結させた男のロマン溢れる一枚です。東京のビジネスパーソンの心を捉えるのも必然です。
こちらのサンプルを気に入られて「これと同じデザインでお願いします」と特に20代と40代後半〜50代のお客様が選ばれています。

FEDERICO フェデリーコ 詳細へ

ロンドン紳士クラブのアイコン丸衿、
その誕生ストーリー

正真正銘の英国生まれ、クラブ・カラーと親しまれる丸衿は、ロイヤルファミリーや上流階級の子弟が通う、最も歴史あるパブリックスクール、イートン校から誕生しました。
19世紀終わりイートン校生徒は、自分たちの際だった存在をさらにユニークな存在として世界に示したいと考えました。そこで、シャツの印象のキメ手である衿型にわずかな手を加えて、スタンダード衿の剣先の角を少し丸くカット。イートン・カラー(衿)の誕生です。
瞬く間に丸衿の【イートン・カラー】のシャツを身に纏ったロンドン紳士が、エクスクルーシブな会員制の社交場・紳士クラブに集うようになりました。そして丸衿は上流紳士のシンボルとなり【クラブ・カラー】と呼ばれるようになりました。
20世紀になるとクラブ・カラーは会員制紳士クラブから街へ、権威と階級のシンボルから「クールな衿型」として広まっていきました。
クールで人気の高いクラブ・カラーは【ピン】【ボタンダウン】とバリエーションも生まれました。現代にいたるまで、ナポリのビスポーク愛好家、着道楽シニョールにも愛用されています。
東京でクラブ・カラーを着る事に特権的な意味はありません。しかし愛され続けてきた歴史は、そのアイコンとしての魅力を隠せないと実感します。
それにしても、衿型に少し手を加えただけで、これだけ特別な印象を与えられることができることに驚きませんか?細部にこだわりを入れることで、戦略的にあなたの印象を作ることが可能なのです。

ナポリのシニョール的“ロンドン紳士の伝統シャツスタイル”

1. 顔周りをギュッとコンパクト、上品控えめに魅せる

とかく、日本人は欧州人種に比べて顔が大きい、と言われますが、イギリス人やナポリ人にも5頭身に見えるほど頭部の比重が大きい方は現実にいます。コンパクトな衿が顔を大きく見せるのでは、という心配は不要です。姿勢と全体のバランスで着こなしましょう。

ロンドン紳士のシンボル【クラブ・カラー】〜若々しくコンパクト
ナポリ・カミーチャのお約束、空色と白のストライプ生地が華やか&爽やか。
「これと同じデザインで仕立てて下さい」とご注文いただく人気モデル。
*狙っているマトリックスゾーン:2と6

【スプレッド】〜軽やかコンパクト
水平レベルに開いた快楽的なナポリ衿型に対する逆張りの好例!軽やか爽やかモダンな印象。ノーネクタイでもOKです。
*狙っているマトリックスゾーン:2と6

【タブ・カラー】〜伝統のコンパクト
映画007スカイフォールでダニエル・クレイグが伝統をスタイリッシュなイメージアップしてくれました。イギリス伝統的ゆったりシルエットと真逆、ピッタリとした「イタリア人好み」シルエットでスタイリッシュに。胸板が厚い方は剣先がフィットするためコンパクトな印象が際立ちます。
*狙っているマトリックスゾーン:3と5

2. 欧州生まれ、大人の洒落っ気のボタンダウン

タイスペースに「ゆとり」〜欧州生まれの誇り
オフィシャルな場面でネクタイも着用してドレスアップできるボタンダウンシャツのリクエストにお応えする時にはこの一着です。アメリカ流とは出自が異なるクラシコベースのボタンダウン衿を光沢ある白いフォーマル生地と組み合わせて品格アップ。
実際にイタリアの経済界の重鎮もボタンダウンシャツを「洒落っ気」たっぷりに着こなしています。
*狙っているマトリックスゾーン:2と6

3. 伝統vs今っぽさ、紳士のスマートなカラーづかい

英国王室のハリー王子は昼間の公務やカリブやアフリカ訪問の際にシャツ+パンツをスポーティーにお召しになっています。
実際に、AVANCLASSICOではネイビーシャツのリクエストがクリエイター、アカデミック(教育関係)、コンサルタント、経営者のお客様に増えています。

「今っぽくスタイリッシュ」ネイビーシャツはハリー王子も愛用
ハリー王子が愛用しているだけあり、ネイビーシャツは上品かつマルチに活躍します。スタイリッシュ、知性的、アクティブ、クリエイティブ、先進的、信頼、控えめ、スマートなイメージが必要な方には最適です。
ところで、同じダークな「存在感がある色」でも黒とネイビーは全くキャラクターが違います。
イタリア人にとってはネイビーと茶色はエレガンスの色。黒はモード・ファッション業界の方が好む色で、ファッションの街ミラノでは特に多く見かけます。
色彩の心理学では、青は知性、感情を落ち着かせ、穏やか。黒は重厚感や神秘性を高めます。
*狙っているマトリックスゾーン:2と6

ロンドン紳士ならでは、レジェンド「ピンクシャツ」
AVANCLASSICOでビジネスパーソンに人気が高いピンク生地は白に近いドルチェな淡いピンク、若々しいアンチエイジング効果もあります。
雰囲気がある滑らかな「ロイヤルオックスフォード織」はとても上品。
王道のディテールはクラシックで男性らしい存在感のある衿、そして大胆でシャープな大角落しカフス。ドルチェなピンク色と「コントラスト」で引き締めます。
周囲の女性に「ピンクのシャツ、可愛いですね!」と褒められて素直に嬉しい方にお勧め。
*狙っているマトリックスゾーン:3と5

お花畑のよう!ロンドンのシャツ屋さんのウィンドウ

スーツやジャケットのウール生地のメーカーは男の聖地、イタリアとイギリスに多く存在しています。意外ですが、ハッとするような鮮やかな色づかいはイギリスのメーカーの真骨頂です。イタリアの生地は全体的にキレイな色ではありますが、鮮やかな色が飛びぬけることはありません。

ロンドンの有名なビスポークシャツ屋さんのショーウィンドウを初めてみた時には「可愛い〜!」信じられないぐらいカラフルな色使いのディスプレイに歓喜しました。黄色、ピンク、黄緑、空色と色ごとにコーナーがあり、シャツ+ネクタイ+ポシェ+靴下、をコーディネイトしてお飾りに紙製の蝶々を置くというユーモアもありました。街角にぱっと華やかに咲き誇るお花畑のようでした。
ロンドンは空も街も人々の表情も「彩度が控えめ」です、せめてカラーで生活を盛り上げようと鮮やかな色を服やインテリア、ガーデニングに取り入れているのではないでしょうか。また、レディーファーストの紳士は「鮮やかな色」で女性達をエンターテインしているのではと思いを巡らしました。

ビスポーク応用編

コンパクトが命!衿を1㎜単位でカスタム
顔周りをギュッとコンパクトに見せる軽やかな印象の肝は衿の長さ「剣先」です。
ご自分の顔・首の長さ・身長、全体のバランスにあわせて理想のマイ・コンパクト衿をとことん追求してカスタマイズされるお客様もいらっしゃいます。
例えば、細身で小顔、小柄で首が短い方はモデル型のスプレッド衿の剣先を数3〜5ミリ削り完璧なマイ・コンパクト衿と出会っています。ゼロからの型製作ではないので費用もお手頃です。
一度マイ・オリジナル衿の型を創ってしまえば、2回目のお仕立てからは追加料金ナシでビスポークシャツが出来ます。

あなたの顔立ちと体格に最適な「軽やかコンパクト」な衿の剣先は何mmでしょうか? 細部にこだわって、戦略的にあなたの印象を作るお手伝いができます。
フィッティングで確かめてみませんか?

SKYFALL
スカイフォール型

こんな方にお勧め
  • ネクタイの結び目は細めが好みの方。
  • 顔周りをスッキリとコンパクトに見せたい方。
  • お手持ちのスーツはグレー系が中心、グレー系スーツがお好みの方(ペールなサックスブルー色シャツと相性抜群)
  • 胸板が厚い方にオススメ、タブカラーの襟先が立体的にフィットします。
  • 気質が革新的、ノリが軽やかなビジネスパーソンにというにお勧めです(伝統的なスタイルで外見と内面のバランスを取ることができます)
商品ページを見る

GUY
ガイ

こんな方にお勧め
  • 上品で爽やかな好青年のイメージを大切にしている方。
  • シャツはフレンチ(ダブル)カフスにカフリンクス派という正統派の方。
  • 1枚のシャツに着る場面の万能さを求める方。(ビジネス、オフィシャル、パーティーではタキシードに蝶ネクタイを付けて)
  • 上質で控えめな高級感が必要な若手ビジネスパーソン、2代目3代目社長の方。
  • 人に安心感を与える品格が必要な、「先生」と呼ばれる弁護士、税理士、医師、士業の方。
商品ページを見る

LUCIANO
ルチアーノ

こんな方にお勧め
  • 男性らしいクラシックなネクタイがお好みの方。太いネクタイも映えるタイスペースが広いボタンダウンです。
  • 休日の昼間、高級レストランやホテルでの会食にノーネクタイでリラックスして楽しみたい方。
  • 存在感のあるドレッシーな光沢が上品に映えるであろう30歳過ぎの大人に。20代で若々しい方だと、チャラく見えてしまうかもしれません。
  • 顔色・表情を明るく見せたい方、メディアの取材を定期的にうける方。(シャイニーな白シャツのレフ板効果)
  • スポーティー×ドレッシーの「究極のギャップ萌え」を思う存分「密かに」楽しみたい方。
商品ページを見る

GIANMARIA
ジャンマリア

こんな方にお勧め
  • コミュニケーションを円滑にしたい方、職場や仕事関係に女性が多い環境の方。
  • イギリスや欧州へ海外出張が定期的にありアウェイの土地でプレゼンスをアピールする必要がある方(日本人の控えめな表情を明るく演出してくれます。
  • 男性らしい存在感と親しみやすさのバランスを求める方。
  • グレイヘアの方(あえて黒く染めずにご自分のスタイルにしている)。
  • 色白の方、血色をよく元気に若々しく見せる「ビタミンシャツ」が必要な方(女性のお化粧の「ほお紅」と同じ効果です)。
  • スーツやジャケットはチャコールグレーとこげ茶もお好きな方。ベルト、靴、メガネのフレームなど小物は茶系がお好みの方(淡いピンクシャツと相性が良くお洒落度が上がります)。
商品ページを見る

HARRY
ハリー

こんな方にお勧め
  • 黒以外でお洒落をしたいクリエイティブな職業の方、都会的・スポーティー・洗練されたイメージが必要な方(建築家、クリエイター、デザイナー、など)。
  • 経営者、起業家、ニューリーダーなど一般のビジネスマンと違いを(シャツの色で)演出する必要がある方。
  • アカデミズム・大学・教育関係の方、コンサルタントの方、アッパークラスらしい控えめさと知性と信頼のイメージが必要な方。
  • オフタイムのお洒落にライトグレーや白のパンツがお好みの方。
  • 旅行や出張で活躍する上品カジュアルなシャツが必要な方(ネイビーは汚れが目立たない)。
商品ページを見る

FEDERICO
フェデリーコ

こんな方にお勧め
  • 007ジェームズ・ボンド好み「カクテルカフス」愛好家の方。
  • 「性格は明るく」「育ちが良さそう」というイメージで好感度をアップさせたい方。
  • 同期・同世代と頭1つどころか2つも3つも抜け出したい20代ビジネスマン。
  • ジャケット&パンツのスタイルでエイジレスにお洒落をしたい経営者、クリエイター、ビジネスパーソン。
  • 学歴・職歴・背景がイギリスやロンドンと関わりがある方。
  • 職場でジャケットを脱ぐ方、(FEDERICOは一枚でもジャケット級の存在感と品格があります)。
商品ページを見る